スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

世紀の一戦!!京都記念で2強敗れる!?

15日に行われた京都記念では、2頭のスターホースに注目が集まっていました。
2013年の日本ダービー馬”キズナ”そして昨年の桜花賞馬”ハープスター”この2頭の馬連は2倍を切るという、正にマッチレースを予感させるものだった。

キズナは昨年の天皇賞・春以来の一戦。
馬体重もプラス22キロとやや重めでした。
それでも追い切りは順調で唸る様な動きを見せていました。
調教に関してはハープスターも順調そのもの、ハープスターにとってはドバイ遠征前の試金石の一戦だった。

ハープスターは人気一口馬主クラブ”キャロットクラブ”の所有馬。
キャロットクラブのクラブ票が入り1番人気の支持を集めました。
ハープスターの持ち味は、現在の中央競馬界の中でもトップクラスの末脚。

これまで届かないと思われた所から、豪快な追い込みを数々決めてきました。
戦前の予想ではキズナをマークする形でハープスターが追走すると予想されていました。
しかしゲートが開くと意外な展開になりました。

キズナが後方2番手でハープスターが中団に位置する展開。
レースはスローペースで流れ、最後の末脚勝負になると競馬ファンが誰しもが思っていました。
勝負の3コーナからまずキズナがポジションを少しずつ上げていき、勝負の直線へ。

スローペースの為、前に行ったラブリーディに取っては脚がまだ残っており、なかなか前との差がつまらない。
逃げたスズカディヴアスもラブリーディと最後まで叩き合いを演じた。
キズナは直線豪快に伸びるも半馬身及ばず。
馬体重の分が響いた印象で3着。
長期休み明けでしたが、怪我もなく走りきりひと安心ですね。

ハープスターはここで結果を残さないと、主戦の川田将雅騎手の乗り替わりが噂されていた中でのレース。
ハープスターは最近かなりわがままな面をみせており、この日も気難しい一面を露呈させた格好。
直線で内を突くも伸びを欠き5着。
キズナとハープスターが揃って連対出来ない予想外の結果となった。
これによりハープスターの次走は未定に。
キズナは産経大阪杯に出走予定です。

キズナは骨折明けのレースですばらしい走りを見せてくれました。
ひと叩きしたことで、調子は上がると信じています。
これからも楽しみですね。

tag : 京都記念 叩き合い 二強

2015-02-15 21:21 : 時事 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ヒロウマ

Author:ヒロウマ
ご訪問ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

大阪府在住のアラサー♂です。
趣味は競馬と車眺めです(笑)
気になるニュースをピックアップ^^

フリーエリア

2000年代のゲーム機

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見・ご感想・ご質問等お気軽にどうぞ^^

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。