FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

小学校の家庭訪問が変わる!?時代どんどん変わっていく!!

小学校の家庭訪問といえば、昔から自宅のリビングに先生を迎えてお話をするスタイルというのが当然でした。
今ではあえて玄関先訪問という名前で案内を出すという学校も増えてきたというニュースが紹介されていました。
理由としては共働き世帯が増えてきたので、そんな働く親に配慮をした結果、玄関先訪問という形になったといいます。

リビングまであがると、家の中のお片付けに時間を割いて労力を使わせてしまうことになります。
それを配慮して、玄関先でちょこっとお話をするということにしたらしいのです。
学校側も、忙しい親に対して配慮をされて考えられているようですね。

背景にはプライバシー保護のためということもあるらしいのです。
自宅の中に入り子供たちが日々どんな風に生活を送っているのかというのを、他人が見てくれるというのはよい点もあると考えられますよね。
玄関先だけでは、深くはわかりづらいのではとも感じるものです。

しかし、日々忙しく働いている親からすると、たった10分のために必死でお片付けをして掃除をしてという多大なる労力を家庭訪問に備えなければいけないということでもあります。
学校側からすると家庭訪問の大きな理由には、緊急時に備えて自宅の場所を確認しておくこと、そして通学路を確かめるために行うというのも主な理由だそうですね。
これだけを考えると、玄関先だけということでも全然かまわないのかもしれません。

お互いのことを考えて、時代とともに少しずつお互いで譲り合っていくというのが、とにかく大事なことなのかもしれませんね。
どの時代に生まれるかで、その時代背景は大きく変わっていくものだと思わされます。
臨機応変に変化させていくのが良いのかもしれないなとも感じたのでした。

しかし、元祖の家庭訪問ができる人は、しっかりと訪問をしてゆっくりと話す時間を持つというのも、良いとも思います。
どちらか一方を選択できるというやり方もありなのでは?なんて思ってしまう私でもありました。

時代背景に臨機応変に対応するのならば、個人個人の時間の在り方に臨機応変に対応してみるというのもありなのかもしれませんね。

tag : 家庭訪問 時代背景 臨機応変

2015-05-05 21:06 : 時事 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ヒロウマ

Author:ヒロウマ
ご訪問ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

大阪府在住のアラサー♂です。
趣味は競馬と車眺めです(笑)
気になるニュースをピックアップ^^

フリーエリア

2000年代のゲーム機

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見・ご感想・ご質問等お気軽にどうぞ^^

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。