FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

大相撲白鵬史上最多33回目の優勝!?ついに大鵬を超える!?

昭和の大横綱・大鵬が作った幕内最多優勝32回で並んでいた白鵬が、1月23日金曜日に2敗の日馬富士が敗れ、結びの一番で同じく2敗の稀勢の里と対戦。
一方的押し込み、最後稀勢の里が捨て身の投げに出る速攻相撲。
軍配は白鵬も物の言が付き、協議の結果同体で取り直しとなりました。

両国国技館は更に盛り上がり、取り直しの一番では白鵬が押し出しで稀勢の里を下し、大鵬と白鵬が32回で並んでいた幕内最高優勝を決め史上最多33回目の優勝を決めました。
この日は横綱同士の一番が、結びの前に組まれる異例の展開。

その結びの前の一番で日馬富士が敗れた事で、結びの一番は一気に世紀の一戦に。
この一番がまさかの取り直しになるなど、白鵬の存在感だけが目立った印象。
取り直しの一番でも白鵬は冷静に稀勢の里を料理。
危なげない相撲で33回目の優勝を決めました。

大鵬の32回は、抜かれる事がないと言われた記録。
そこに千代の富士が優勝を重ね31回まで迫りましたが、32回目の優勝は出来ずやはり32回の優勝を抜くのは至難の業。
それを白鵬は30歳と言う若さで抜いてしまいました。
まさしく平成の大横綱です。

白鵬はモンゴルから集団で来日。
白鵬は体が当時は小さかった為、白鵬を受け入れる相撲部屋がありませんでした。
流石に哀れに思った関係者が奔走し、宮城野部屋に漸く入門が決まり稽古の毎日。

日頃の稽古は嘘をつかず、白鵬は徐々に頭角を現し気が付けば横綱。
来日当初に引き取り手がいなかったとは、現在の白鵬しか知らない人は信じられないと思います。
最初から白鵬は強かったと思っている人も多いと思います。

白鵬はこのまま行けば夢の大台40回の優勝も決して不可能ではありません。
朝青龍がいたらどうだったのか?それも非常に興味深い物がありますが、朝青龍がいても白鵬時代は到来していた事でしょう。
青白時代ももっとみていたかったですが、仕方がありませんね。
それにしても白鵬は盤石の相撲で、初日から13連勝で33回目の優勝を意図も簡単に決めました。

これかたも頑張って欲しいですね。

tag : 大鵬 白鵬 優勝

2015-01-23 21:22 : 時事 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ヒロウマ

Author:ヒロウマ
ご訪問ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

大阪府在住のアラサー♂です。
趣味は競馬と車眺めです(笑)
気になるニュースをピックアップ^^

フリーエリア

2000年代のゲーム機

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見・ご感想・ご質問等お気軽にどうぞ^^

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。