スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

維新の会の上西議員が除名!!でも議員はやめない!?

維新の会の女性議員が体調不良を理由に本会議を欠席したという事件がありました。

維新の上西小百合議員の国会欠席にまつわる疑惑の数々、初めて上西議員とその秘書にマスコミが詰め寄った時の映像をみましたが、まず思ったことはなんじゃこれということでした。
まず議員の対応が議員らしくないということと、その議員をかばおうと巻き舌で威嚇する秘書。
この秘書はこの議員とホワイトデーデート疑惑の秘書だとか。

議員と秘書というよりも、チンピラ夫婦にも見えなくもなかったのは私だけでしょうか。
その後の維新の会の橋下さんの記者会見などのやりとりが痛快で気持ちがいい。
youtubeにアップされていたので2時間を超える会見の全容を見ることが出来ました。

この会見の際、議員さんと記者さんとのやりとりをする合間合間に橋下さんが記者だけでなく、議員自身対しても質問なり指摘をしていたのですが、ここに橋下氏の他の現議員との格の違いを認識しました。
最近、今回の本会議採決の欠席以外にも、路上キスの自民党女性議員や、まだまだ解決していないセクハラやじや調査費流用問題など様々な国会議員から地方議員まで問題が発生しています。

ところが、そのどの場合でも、その問題を起こした議員の所属する政党の関係者は、その問題になるべく触れようとしなかったり、そこまで問題視していないことがほとんどでした。
確かに「のどもと過ぎれば・・」と言うように、時間が経てば興味も薄れ忘れてしまうのですが、大小に関わらず問題は問題のはずです。
それを、しばらくとぼけて有権者に忘れさせようとする方法は実はかなり有権者を馬鹿にしているのです。
まあ、馬鹿にされていることもわからない有権者も多いようですが・・・。

逆に言うと、今の政治家は自分のために自分にとっていい方向になるようにだけの言動が目立っているちょっと政治家失格な方が多いんだなあと言う事もわかりました。
自分達のファン(支持層)にだけいい顔をする政治家は、どうなの?と思える有権者も増えていかなければいけないんでしょうね。

でも今回の橋下さんの場合は、そうではなく突き放すところは突き放し、それでも取材過程でデマ的な部分間違いの部分については、記者側にも正そうとする姿勢や変に隠すことはしなかった。
会見に疑惑の議員まで登場させたり、上西議員のいい訳をたしなめる場面もあったりと、テレビをみている私達が変だと思ったことも変だと指摘してくれて本当に気持ちのいい会見だったと思います。

その後に維新の党を除名なったものの上西議員は議員を辞めないとか。
これは大変おかしな話だと素人の私でも思ってしまいます。
比例代表で復活当選した上西議員ですが、これは維新の党としての議席であり、上西議員個人のものではないと思います。

維新の党を除名になったのならば、その席を返すのは当たり前のことではないでしょうか。
こんな議員になけなしの給料から引き落とされている税金が使われるとは悔しくていられません。
給料も年々下降ぎみ、それに加え子供たちには教育費に大変お金がかかり、どうやって家計を節約していこうかと毎日毎日頭を悩ませている人がたくさんいます。

そんな国民から徴収してる税金です。
それを自覚して国民のために汗水たらして働いてくれるならそれも仕方がないのかもしれませんが、こんな議員にこれから先も税金を使われたくないと思います。
上西議員は即刻国会議員を辞めてください。

tag : 上西議員 除名 記者会見

2015-04-06 18:00 : 時事 : コメント : 0 :

統一地方選が告示!地方は立候補者がいない!?

統一地方選が告示されました。
ですが、知人が住んでいる町の選挙区では、所属する県議会議員の定数が1に対して、立候補した候補は一人だけで無投票当選になったそうです。
私の住んでいる市は定数2に対し、3人立候補しています。

なかなか地方議会に積極的に立候補する志がある人が見つからないのが地方の実情です。
政策論争をしようとしても、担い手がいない現状ではなかなか難しいのかもしれません。
今は、新聞やインターネット等で世論調査が盛んに行われていて、政治家の方々もそれを参考に政策を考えることもあるようなので、間接民主制よりも直接民主制が幅を利かせているのかもしれません。

確かに世論調査に応じることで、有権者の声を直接政治家の元に届けることが可能な時代なのかもしれません。
直接民主制がいいか、間接民主制がいいか、色々な争点があります。
有権者の選挙の投票行動が政策に反映されないという意味で、間接民主制の弱点を挙げる人も少なくありません。

しかし、やはり地方議員は地方政治のプロフェッショナルなので、餅は餅屋というか、政治に詳しい人に委任できるようした方がいいのです。
庶民の有権者が政治やそれを動かす条例や法律を知ることはなかなか難しいのです。

地方議会の選挙でも、できるだけ無投票で選挙を終えるのではなくて、きちんと複数の候補による政策論争を経て選挙をきちんと行うことも大事なことかもしれません。
そして、政策に複数の選択肢があった方が政治のレベルは向上するのです。

論争があって、批判も込めて新しい政策を作ることは、政策を互いに高める効果があります。
特に市町村議会とか都道府県議会などは、地方自治を担当するので、地域の身近な政策に絡むことが多いのです。身近な政策を論争してくれる代弁者は必要です。

市町村長や県知事などの権力のトップに対して、きちんと議論したり、暴走をチェックする役割を果たすためにも地方議会の議員の役割は大きいと思います。

tag : 地方統一選 立候補 民主制

2015-04-06 17:12 : 時事 : コメント : 0 :

特許を無償公開!?市場の開拓をしている企業にバンザイ!!

パナソニックは、家電などあらゆるモノをネットにつないで便利に使う「モノのインターネット(IOT)」に関わる特許を約50件を無償公開することにしました。

家電をネットで管理出来る画期的な特許ですが、パナソニックが独占してしまっていれば、それだけ市場に出回る商品が少なくなり衰退化してしまうと考えたからなのです。
他メーカーも使うことで、IOT市場の活性化や自社製品の拡販を狙っているのです。

パナソニックの特許公開は、米国でのIT関連の協議会で発表しました。
特許をわざわざ取ったにも関わらず、公開しなければ市場が活性化しないという、新しい問題が発生しているようにも思いました。

住宅モニターシステムや、太陽光発電などの機器とネットをつなぐ技術の特許について、加盟しているIOT分野の標準規格化を図る団体を通じて公開します。
IOTは医療機器や工業用機械の制御も出来ますので、大変重宝するのではないかと言われています。

米調査会社IDCは市場が2013年の1兆3千億ドルから、20年に3兆400億ドルになると予測しています。
それだけの市場が拡大するとの見方があるから、特許の公開につながっているのだなと感じました。
大きな市場の開拓がこれからの日本の産業を盛り上げてくれると思います。

最近、自社特許を他社に無償で使ってもらう動きが広がっています。
トヨタ自動車は燃料電池車(FCV)の特許を無償提供することで、これからの日本の車社会を盛り上げていこうと必死になっています。
米テスラモーターズでは、電気自動車(EV)の特許をそれぞれ公開しているのです。

どれだけの労力が必要だったのかは、ある程度のところまで行けばよく分かります。
特許を取ることも大変で難しいのに、無償公開するとは優れている企業と言うほかないでしょう。
今回、パナソニックの公開した特許の数は50種類を超えています。
一つの特許を取ることさえも難しいことです。
公開してくれることを感謝して、有難く技術を盗んでしまいましょう。

tag : 特許 無償公開 パナソニック

2015-03-29 19:57 : 時事 : コメント : 0 :

トヨタが部品共通化を進める!?コスト低減商品力を向上!!

世界を代表する企業であるトヨタが新たなプラットフォームを構築して、部品の共通化も進めて商品力の向上を図っていくということを発表しています。
車メーカーでは日産も同様な戦略を採用しているので、トヨタが進んでいるとは思いませんが、従来のTPSを代表とするコスト低減活動に加えて実行していくところが新鮮です。

グローバル化により、世界のお客さんが求める車に対抗していくには、車種を増やすしかありません。
使われる部品がばらばらだと図面枚数も増え、部品の在庫を増えます。
品質も個々に保障しなければならないのでコストも多くかかります。

共通部品が増えれば同じ部品を大量に作れるので、数の効果によりコストダウンが加速できます。
ただし品質が安定していないと多くの部品で成立している車の場合、不具合は発生するとリコールの対象となる車の台数が増えることになります。
従来よりさらに厳格な品質管理が要求されることになります。

また昨今の技術革新から新規な材料もどんどん開発されてきています。
古い共通部品ですとなかなか交換することができないので、コスト面でも不利といえます。
エアバックの部品不良のニュースはまだ解決していません。
一度問題が生じると解決するまでに時間がかることになります。

現在の車はガソリン、ハイブリッド、燃料電池車と複数のエンジン機構を採用しているので、共通部品も困難化が予測されます。
世界のトヨタがどのように開発を進めていくのか興味がありますね。
新しい開発要員を確保するために、似たような部品が統一されれば確かに新規図面が少なくなります。
図面がすくなければ異なる部品を生産することもなくなるので、工場を含めた生産も効率化されます。

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーという開発手法のようですが、TPSと並ぶTNGAが浸透すれば成功したといえます。
しかし、2020年ごろには半数の車がTNGAで開発されるようなのでしばらくかかりそうです。

tag : トヨタ 部品共通化 コスト低減

2015-03-29 18:02 : 時事 : コメント : 0 :

お家騒動に日本中が騒然!?娘の久美子社長が勝利!!

大塚家具のお家騒動とも言うべき、父と娘の大塚家具の社長の椅子を巡る争いに関心が集まっています。
昨日は大詰めの大塚家具株式総会でした。
一日中マスコミもやいのやいのと騒ぎまくり、ボルテージもMAX状態でした。

叩き上げの大塚勝久会長は、定時制高校に通いながら生家の箪笥屋を大きくしました。
一方長女の美貌の久美子社長は一橋大学を卒業後、現みずほ銀行に入行し数年実社会で経験を積んでから、肝いりの大塚家具入社しました。

ワンマン経営者の父勝久に意見するのはこの久美子社長だったそうです。
その力量を見込まれ社長に就任した久美子社長。
リーマンショック後の不景気にも気軽に立ち寄りやすい店づくりをして、業績を伸ばしました。

しかし高級志向で、会員制を敷く勝久会長との溝が深まり何度も経営権の交代劇がありの、昨日の株式総会でした。
こんなに劇的で言葉は悪いですが、面白いお家騒動はなかなかありません。
役者も立っており、義理人情の叩き上げの父親と聡明でドライな娘の一騎打ち。
しかも家族も二分して、父親には妻と長男、娘には次男・次女・三女が味方につく。
誰かドラマにしてよ!一刻も早く!と叫ばずにはいられません。

そんなおふざけ気味に見てはいけないのでしょうが、日本人のほとんどは新しい娯楽を見つけたようにどこか嬉々としています。
街に出れば、父親派か娘派かで議論が行われています。
その顔には笑みが浮かんでいます。
だからこそ昨日の株式総会には2000人もの株主が集まったのではないでしょうか。

例年は30人前後だというではありませんか。マスコミも生中継で実況する始末。
いや、こんなに面白いショーを放送しない手はないでしょう。
団塊の世代と、団塊ジュニアたちはまるで自分の家の話のように現実感と非現実感の狭間を行ったり来たりしているような気がします。

自分に置き換えながら考えて投げ出し笑い話にする。
悲しいことに会話のなかった家族が、この話題で久しぶりに盛り上がったなんて話も聞きます。
そう言った意味でも最高の娯楽をありがとうと、大塚勝久氏久美子氏にお礼を言いたいのです。

tag : 大塚家具 お家騒動 勝利

2015-03-28 21:00 : 時事 : コメント : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ヒロウマ

Author:ヒロウマ
ご訪問ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

大阪府在住のアラサー♂です。
趣味は競馬と車眺めです(笑)
気になるニュースをピックアップ^^

フリーエリア

2000年代のゲーム機

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見・ご感想・ご質問等お気軽にどうぞ^^

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。